宗教によって違うの? いざというときに困らない、神道のお香典袋の書き方について

お葬式というと仏式を想像する人が多いのではないでしょうか。

しかしお葬式はその家の宗教により、どこでどのように行うかを決めることができます。

 

仏式ではお坊さんがお経を読んで供養するのに対し、

キリスト教であれば神父さんや牧師さんが、神道であれば神主さんが執り行います。

 

ではそうした異なる宗教の場合、参列者はどのように対応すればよいのでしょうか。

 

今回はその中でも、神道(神式)のお葬式に持参する香典について解説しましょう。

 

 

■ 宗教によって異なる表書き

香典は、亡くなった方の冥福を祈り供養の気持ちを表わすもので、香料とも呼ばれます。

 

神式では、仏式の通夜を「通夜祭」「遷霊祭」といい、葬儀の代わりに「葬場祭」が行われます。

 

通夜祭や葬場祭に持参する香典袋の表には、

 

「御神前」「御玉串料」「御榊料」」「御神饌料」「御霊前」などと書きます。

 

 

■ 迷う場合は「御霊前」と書く

「御霊前」は宗教を問わず使うことができます。

仏式でも使いますが、神道やキリスト教の葬儀でも使用できるので、

相手の宗教、宗派がわからない場合などに覚えておくと便利です。

 

表書きは仏式と同じく薄墨で書きます。

 

 

■ 神道に合わせ香典袋を選ぶ

香典袋には蓮の花が描かれているものがありますが、これは仏式に限定されているものですので、使わないようにしましょう。

 

神式では無地の不祝儀袋に白黒または双白、もしくは双銀の水引のものなどを使用します。

水引の結び方は、結び切りまたはあわじ結び(あわび結び)のものにします。

 

 

このように宗教によって香典袋についても違いがあります。

故人の宗教、宗派も考慮し、正しくお悔やみの気持ちを伝えるようにしましょう。

 

関連記事

  1. 終活ブームについて。エンディングノートと遺言書の大きな違い

  2. いつまで続く喪失感 「グリーフケア」の重要性

  3. 意外と知らない宗教法人の税金や仕組みについて

  4. お通夜に参列するときの服装は? 喪服って非常識なの?

  5. あなたは知ってる?神棚の意味合い。あなたの会社にも必要!?

  6. 間違って使っていない? 「忌中」と「喪中」の違いって知っていますか?

ASUMA葬祭

カテゴリー

  1. 市営火葬場と民営火葬場では、火葬料金が違うの?

    2018.05.29

  2. ご存じですか? 「密葬」とは?

    2018.05.29

  3. お布施の金額の相場っていくら?

    2018.05.29

  4. 患者になったとき、移動や搬送はどうしたらいいの?

    2018.05.29

  5. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  6. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  7. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930