Home未分類 > 宗教によって違うの? いざというときに困らない、神道のお香典袋の書き方について

宗教によって違うの? いざというときに困らない、神道のお香典袋の書き方について

 

お葬式というと仏式を想像する人が多いのではないでしょうか。

しかしお葬式はその家の宗教により、どこでどのように行うかを決めることができます。

仏式ではお坊さんがお経を読んで供養するのに対し、キリスト教であれば神父さんや牧師さんが、神道であれば神主さんが執り行います。

ではそうした異なる宗教の場合、参列者はどのように対応すればよいのでしょうか。

今回はその中でも、神道(神式)のお葬式に持参する香典について解説しましょう。

 

■香典は、亡くなった方の冥福を祈り供養の気持ちを表わすもので、香料とも呼ばれます。

神式では、仏式の通夜を「通夜祭」「遷霊祭」といい、葬儀の代わりに「葬場祭」が行われます。

通夜祭や葬場祭に持参する香典袋の表には

「御神前」「御玉串料」「御榊料」」「御神饌料」「御霊前」などと書きます。

 

■「御霊前」は宗教を問わず使うことができます。

仏式でも使いますが、神道やキリスト教の葬儀でも使用できるので相手の宗教、宗派がわからない場合などに覚えておくと便利です。表書きは仏式と同じく薄墨で書きます。

 

■また香典袋には蓮の花が描かれているものがありますが、これは仏式に限定されているので使わないようにしましょう。神式では無地の不祝儀袋に白黒または双白、もしくは双銀の水引のものなどを使用します。

水引の結び方は、結び切りまたはあわじ結び(あわび結び)のものにします。

 

このように宗教によって香典袋についても違いがあります。故人の宗教、宗派も考慮し、正しくお悔やみの気持ちを伝えるようにしましょう。

 

#神道  #香典袋  #書き方