急な葬儀 喪主の持ち物や準備しておくこと

葬儀はいつやってくるかわかりません。また、慣れないことなので、自分が喪主を務める時にどのような準備をしなければならないか、突然のことに慌ててしまいがちです。
葬儀の段取りや手配については、葬儀社がサポートしてくれますが、自分の身の回りの持ち物に関しては自分自身で用意しなければなりません。
この記事では、通夜や葬儀の時に喪主が持っておくべきものをまとめました。

数珠

仏式で葬儀を行うのであれば数珠は必ず持っておきましょう。仏教では神仏や故人に礼拝する時には必ず数珠を手にかけます。数珠は祈りのための法具であり、こちらの想いを亡き人に届けるためになくてはならないものです。
数珠はそのままポケットに入れておくと房の形の崩れや汚れの原因になるので、数珠袋などに入れて保管しておきましょう。

ハンカチ

葬儀では思わず感極まってしまうことがあります。その他にも身だしなみに注意する意味でもハンカチを忘れないようにしておきましょう。
葬儀では男女問わず、黒か白のハンカチを用いるのがマナーです。

お布施

僧侶へのお布施は葬儀式場で直接手渡すのが慣例です。忘れないように持参しましょう。
タイミングは、通夜式を終えたあとか、翌日の葬儀告別式ですべての行程を終えて、僧侶が式場を後にする時のいずれかです。
適切なタイミングを事前に葬儀社に相談して確認しておくと安心です。お布施はお布施袋に納めて袱紗に包んで持っておきます。差し出す時には袱紗から出して、袱紗の上にお布施袋を載せて渡します。

現金

葬儀の間には、なにかと細かい支払いが必要になることがあります。
ほとんどの支払いは葬儀後、葬儀社に一括して払えば良いのですが、食べ物や飲み物、数珠や傘などの備品、親戚の宿泊先の手配など、急な支払いが発生するかもしれません。
また、地域によっては火葬場への支払い、飲食代などを直接喪主が支払わなければならないこともあります。
どこでどのような支払いが発生するか、どれくらいの現金を持っていればいいか、葬儀社に確認しておきましょう。また、お坊さんにお渡しするお布施も現金で用意します。

サブバッグ

通夜や葬儀では、大きな荷物は親族の控え室に置いておきますが、その他の身の回りのものは、男性であればポケットに、女性であればハンドバッグにしか納められません。
サブバッグを用意しておけば、必要なものを全てまとめて、持ち歩くことができるので便利です。
葬儀の場で使用するので、黒のフォーマル用、あるいは葬儀の場でふさわしい色柄のものを用いましょう。

関連記事

  1. 葬儀社にお願いする前に確認しておくべき7つの事

  2. 互助会とはなにか? 意味と役割について

  3. 葬儀の日程 逝去からお通夜・お葬式・法事法要の全体スケジュール

  4. 葬儀に参列する時の女性の鞄の選び方

  5. 市営火葬場と民営火葬場では、火葬料金が違うの?

  6. 葬儀社の選び方 選ぶ時間がない時にチェックしておきたい5つのポイント

カテゴリー

  1. 意外と知らない告別式とは どんな故人だと行うの?

    2020.08.07

  2. 知っておきたいお葬式の種類 どんな葬儀があるの?

    2020.07.31

  3. 東京でおすすめの斎場・葬式場一覧

    2020.07.25

  4. 葬儀の相談を誰にすればいいのか?安心して相談できる人とは

    2020.07.17

  5. 葬儀の費用は誰が負担するべきか?

    2020.07.10

  6. 今増えている火葬式とは その特徴と費用や流れ

    2020.07.01

  7. 葬儀で悩む喪主の挨拶 気を付ける事や大切にしてもらいたい事

    2020.06.29

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01