喪主の服装 マナーや気を付けたい事

喪主の服装 マナーや気をつけたいこと

喪主は、お葬式を取り仕切る中心的な役割を果たします。参列者を迎え、お寺との窓口になり、いわばその家の顔として振る舞わなければなりません。だからこそ服装や身の回りのものについても正しいものを着用し、マナーに気をつけたいものです。この記事では喪主の服装とマナーについて解説いたします。

喪服の種類

まずは、喪服には「正喪服」「 準喪服」「 略喪服」 の3種類があるということを知っておきましょう。

着用する人 男性 女性
正喪服 喪主・近しい遺族 和装・モーニングコート 和装・ブラックフォーマル
準喪服 喪主・親族・参列者 ブラックスーツ ブラックフォーマル
略喪服 参列者 黒・紺・グレーのダークスーツ 黒・紺・グレーなどのワンピース、スーツ、アンサンブル

上の表を見ていただいてわかるように、喪主が着用するのは正喪服あるいは準喪服です。

正喪服とは、男性であれば和装やモーニング、女性であれば和装やブラックフォーマルのことを指します。ただ最近は家族葬が多くなり、喪主が対外的に家の主としての役目を示す必要も薄れてきています。

伝統的な家柄を象徴する和装よりも、準喪服の着用が一般的です。また、通夜と葬儀の二日間で喪主は精神的な気疲れや、長時間の体力的な疲労もあるため、少しでも着慣れた服装をして葬儀を乗り切りましょう。
そうした意味でも、よほどのこだわりがない限りは準喪服の着用で構いません。準喪服とは、男性であれば ブラックスーツ、女性であればスーツやアンサンブルなどのブラックフォーマルでも構いません。

小物や身の回り品で気をつけたいこと

喪服を着用するときは小物や身の回り品にも気をつけましょう。

男性であれば靴やベルトや鞄などで革製品を用いることが多いでしょうが、ワニ革などの動物の殺生をイメージさせるものは控えるべきです。

女性はアクセサリーを身につけたいところですが、なるべく外しておくのがマナーです。どうしても着用したい場合も、結婚指輪や真珠のネックレス程度にしておきましょう。その他化粧や髪型も派手ではない慎ましやかな形で整えます。

貸衣装を利用する

喪服を準備したくても家にない、あっても体形に合わなくなっているという人も多いのではないでしょうか。そんな時には葬儀社に相談して貸衣装を手配してもらいましょう。葬儀社提携の貸衣装店であれば、葬儀社のスタッフに相談することですべて手配してくれますし、式場での受け渡しや返却ができるため、大変にスムーズです。

関連記事

  1. 意外と知らない告別式とは どんな故人だと行うの?

  2. 葬儀をお手伝いしてくださった方への「お礼の金額」について

  3. 葬儀に参列する時の女性の鞄の選び方

  4. 意外と知らない宗教法人の税金や仕組みについて

  5. 神道のお葬式の方法 場所はお寺でもいいの?相場どれぐらいなの?

  6. 故人の宗派が分からない!? 家族に聞いても意外と知らない仏教宗派の調べ方

カテゴリー

  1. 意外と知らない告別式とは どんな故人だと行うの?

    2020.08.07

  2. 知っておきたいお葬式の種類 どんな葬儀があるの?

    2020.07.31

  3. 東京でおすすめの斎場・葬式場一覧

    2020.07.25

  4. 葬儀の相談を誰にすればいいのか?安心して相談できる人とは

    2020.07.17

  5. 葬儀の費用は誰が負担するべきか?

    2020.07.10

  6. 今増えている火葬式とは その特徴と費用や流れ

    2020.07.01

  7. 葬儀で悩む喪主の挨拶 気を付ける事や大切にしてもらいたい事

    2020.06.29

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01