納棺式とはどんなものなのか?またどのような流れで行うか?

通夜や葬儀に先立って行われるのが納棺式です。
納棺式とは読んで字のごとく、ご遺体を棺に納める儀式の事です。
亡くなった人を棺に納めることを、ただ物理的に行うのではなく、儀式として執り行うことに、いかに私たちが納棺を大切に考えていたかを見てとれます。
納棺式では、湯灌(ゆかん)、旅支度をして、ご遺体を棺に納めます。
詳しくご説明します。

湯灌

湯灌(ゆかん)とは、儀式として故人様の身体を清めることです。
日本人は、この世に生を授かる赤子に産湯をかけたように、この世を去っていく故人の遺体にも湯を注いで清めました。
最近では「拭き湯灌」が一般的です。
これは、アルコールに浸した清浄綿やたらいの湯などで、故人の肌の出ている部分、顔や手や足を拭いあげます。
この時に作る湯は「逆さ水」と呼ばれます。
通常、ぬるま湯を作る時は、お湯の中に水を入れて温度を調整しますが、葬儀の際は通常の逆の行程で、つまり、水の中にお湯を注いでぬるま湯を作るのです。
湯灌は参列者一人一人が故人を拭き清めることで、肌に触れることのできる、とても貴重な時間です。
また、湯灌師による本格的なサービスもあり、この場合は部屋の中に浴槽を持ち込んで故人にシャワーのお湯で注いで清めます。 

旅支度

日本の習俗では、故人は死後、四十九日間の旅に出ると考えられています。
その旅の姿を家族たちで着せてあげるのが、いわゆる「旅支度」です。

旅支度では、死装束(しにしょうぞく)と呼ばれる白の仏衣を着せます。
お遍路さんなどの巡礼の姿がそれに近いでしょう。

実際には、ご遺体にはすでに浴衣などの衣装を着せていることが多いので、白の帷子を上に重ねて、手には手甲、すねに脚絆、足に足袋と草履を履かせます。首から頭陀袋(ずだぶくろ)を下げ、額に天冠(てんかん:額に当てる三角布)、笠、杖などを身につけます。

頭陀袋の中には六文銭(ろくもんせん:三途の川を渡す運賃)を忍ばせます。
旅支度の考えは宗派によって異なります。
仏教の中でも、浄土真宗では死出の旅を認めていないためこれらの装束を着せないこともあります。

また神道では、仏教の死装束とは異なり、神職に似せた恰好にします。
最近では、この死装束を好まない人も多く、故人が愛用していた洋服などでも構わないでしょう。 

納棺

湯灌や旅支度を終え、いよいよご遺体を棺の中に納めます。
つまり、きちんと身体をきれいに清め、仏道に入るための衣装を身にまとってから、棺の中に納めるのです。
納棺も、その場に居合わせる家族や親族全員で行います。
故人の冥福を祈りながら、自らの手で故人を抱えて、棺に納め、安らかな旅立ちを見届けるのです。

関連記事

  1. 知り合いが3回忌。喪服なの? 平服なの? 法事のドレスコードについて

  2. 葬儀の服装マナー。参列する際に着せる子どもの服装は?

  3. お通夜に参列するときの服装は? 喪服って非常識なの?

  4. 私も死亡広告が必要? どんな人が利用するの?

  5. 掛金満期でも安心できない! 「互助会」の仕組みをお見せします。

  6. 知らないと恥ずかしい、宗派で違うお数珠の持ち方

カテゴリー

  1. 葬儀場での宿泊 費用・持ち物、お付き添い出来る人など

    2019.10.10

  2. 葬儀の日程 逝去からお通夜・お葬式・法事法要の全体スケジュール

    2019.10.01

  3. 喪主の挨拶 葬儀・告別式での例文と内容のコツ

    2019.09.24

  4. 葬儀社にお願いする前に確認しておくべき4つの事

    2019.09.17

  5. 日本とは違う世界のお葬式 イスラム教編

    2019.09.12

  6. 日本とは違う世界のお葬式 キリスト教編

    2019.09.03

  7. 身内が亡くなった時に先ず行う4つの事

    2019.08.25

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 葬式時、お寺へのお布施のことは誰に聞くの?

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01