大切なあの人といつも一緒にいたい。遺骨ペンダントと手元供養について。

時代とともに葬儀や供養の形も多岐にわたり、宗派にこだわらず多様な供養ができるようになりました。
ここでは、遺骨や遺灰を納めて携帯できる「遺骨ペンダント」をご紹介します。

故人を身近に感じられる「手元供養」

「遺骨ペンダント」とは、故人の遺骨や遺灰、遺髪などを納められるもので、メモリアルペンダント、アッシュインペンダント、納骨ペンダントなどとも呼ばれています。

最近では「故人を身近に感じていたい」「いつも近くで見守っていてほしい」という遺族の方に、遺骨などの一部をお墓に埋葬せず、何らかの形で身近に残して供養する「手元供養」という方法も増えてきました。
中でも「遺骨ペンダント」は身につけていられるという点で人気があるようです。

このような供養ができるようになったのも、お墓が遠方でお墓参りが困難という場合や、家に仏壇を置かない家庭が増えたことも理由の一つです。
ペンダントのほか、指輪やブレスレットなどもあり、より遺族の気持ちに合わせた供養の形となっているようです。

供養する気持ちを大切に

その反面、分骨をしたり遺骨を身につけたりすることに抵抗がある方もいます。
分骨や遺骨をアクセサリーに加工することについては、法律上の問題はありませんが、供養する方の気持ちが大切です。
身につける以外にも、遺骨を仏具に加工して仏壇に安置することもできます。

供養の形にはいろいろな選択肢があります。
どうしても遺骨を身近に置いておきたい場合、のちに遺族間でトラブルにならないよう、十分に話し合いましょう。

関連記事

  1. 神棚のお供え物ってどうしてます?お供え物の配置と交換タイミングについて

  2. 見せ方の上手い葬儀の広告 「全額返金保証」とは!

  3. えっ! IT葬儀! 僧侶がPepper君!? お布施は払うの?

  4. 間違って使っていない? 「忌中」と「喪中」の違いって知っていますか?

  5. 神道でもお盆ってあるの?

  6. ご存じですか? 「密葬」とは?

ASUMA葬祭

カテゴリー

  1. 互助会とはなにか? 意味と役割について

    2019.05.10

  2. 神道葬儀の玉串料の金額相場は? 玉串料の書き方やつつみなか

    2019.05.03

  3. お悔やみメールの文例 挨拶やことばのマナー返信例文まで

    2019.04.30

  4. 一般的な葬儀の流れ ご危篤からお葬式のあとの手続きまで

    2019.04.18

  5. はじめて喪主をすることに、喪主の役割で注意すること

    2019.04.15

  6. とにかく安く葬儀したい、お金を掛けずにお葬式をする方法

    2019.04.10

  7. 葬儀の香典、本人との関係・年齢・立場に合わせた相場とは

    2019.03.30

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 葬式時、お寺へのお布施のことは誰に聞くの?

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031