身内のために行う葬儀「密葬」とは

葬儀は、故人との最後のお別れの場です。しかし、全ての葬儀が大々的に行われるわけではありません。たとえば、「密葬」とは、ごく親しい家族や友人だけで行う小規模な葬儀のこと。しかし、家族葬と密葬では、一体何が違うのでしょうか?
この記事では、密葬の意義、準備の方法、そして実際の進行について解説します。

密葬とは何か

まずは「密葬」がどういう葬儀スタイルであるかを解説いたします。
密葬は、「密」という文字が使われている通り、だれにも知らせずに、故人の最も近い親族や友人のみが参列する葬儀形式のことを指します。

こう聞くと、密葬と家族葬の違いは何だろうか、という素朴な疑問が浮かんでくると思います。家族葬も、故人の最も近い親族や友人のみが参列するお葬式だからです。

結論から言うと、密葬とは、そのあとに「本葬」を控えることを前提とした、身内だけのお葬式のことを指します。

会社経営者や著名人など、社会的な影響力の大きい人の場合、葬儀の準備や訃報の告知に時間がかかってしまいます。だからこそ、まずはじめに身内だけで密葬を行い、少し時間を空けて本葬(社葬や、お別れ会など、その形式はさまざま)を営んでいたのです。

家族葬との違い

こうして見ると、密葬と家族葬に違いがあるのかという素朴な疑問が生じますが、「違いはほぼ無い」と言ってしまってもよいでしょう。家族や親族だけで営むという点に置いて、家族葬も密葬も同じスタイルです。

また「密葬」よりも「家族葬」という呼称の方がクリーンなイメージがあるため、密葬ということばはあまり用いられないようになっているようにも思えます。

密葬の準備と手順

密葬を行う上で考えなければならないのは、どこまでの人に声を掛けるか、ということです。相手によっては「どうして声をかけてくれなかったの」と苦言を呈されることもあるので、ここの線引きは慎重に行いましょう。

もしも密葬だけで終えてしまうのであれば、事後報告として、挨拶状や喪中はがきで故人の死を知らせるケースが増えているようですが、そっけないと受け取られてしまう相手には、直接対面、または電話をし、こちら側の想いを伝えることも大切でしょう。

また、密葬のあとに本葬を行うのであれば、きちんと訃報が行き渡るように手配しましょう。このあたりは、葬儀社との連携が不可欠です。

私たちはAZUMA葬祭は、葬儀や仏事のプロフェッショナルとしてみなさまのご相談やご質問に24時間・365日対応しております。葬儀の参列マナーについて分からないことなどがございましたら、こちらのお申込みフォームから、お気軽にお問い合わせください。

お申し込みフォームはこちら
お電話:0120-66-5940(24時間・365日)

関連記事

  1. 友引に葬儀やお通夜をしても大丈夫?

  2. 家族葬での喪主の挨拶 どんな挨拶が必要か例文を紹介

  3. コロナ対策も万全。オンライン葬儀とは?

  4. 身内じゃなくっても喪主ってできるの!? 葬儀の喪主の決め方と役割

  5. 六曜?一粒万倍日?葬儀日程を決める時に気を付ける事

  6. 葬儀の服装マナー。参列する際に着せる子どもの服装は?

カテゴリー

  1. 戒名は必要?戒名をつける意味とは

    2024.02.15

  2. 2024年3月10日(日)/20日(水)-もしも講座・事前相談会を開催(参加無…

    2024.02.13

  3. 遺産相続で、もめないために知っておきたいこと

    2024.02.03

  4. 大変よくしていただきありがとうございました。

    2024.02.01

  5. 死亡通知状とは?またその書き方

    2024.01.31

  6. 葬儀屋さん選びで失敗しないポイントは

    2024.01.25

  7. 2024年1月21日の新聞折込チラシ掲載-イベント・セミナー・フェア案内

    2024.01.21

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01