Home未分類 > それって失礼じゃないの? 恥をかかないための葬儀服装マナー

それって失礼じゃないの? 恥をかかないための葬儀服装マナー

「お葬式に参列するときに、この服装で大丈夫?」

初めて葬儀に参列するとき、心配になりますね。

失礼に当たらないように服装の基本を押さえておきましょう。

 

■正装とは喪に服していること

喪主であれば正装が望ましいです。正装とは本来ご遺族が喪に服していることを意味するものです。男性の正装はダークスーツに黒無地のネクタイ、黒い靴下と靴。女性は和服であれば黒無地の染め抜きの5つ紋に黒い帯、洋装であれば黒の喪服が正装です。

 

■親族よりも格が上がらないものを

葬儀に参列する方の服装は、基本的には男女ともに喪服を着用するのが好ましいですが、親族よりも格が上がらないようにするため、略式の礼服を着用します。

準備が間に合わない場合などは喪服に準じた服装でも構いません。男性は黒以外でも差し支えないので地味な色合いのスーツに黒無地のネクタイを合わせます。黒無地がない場合、黒の柄物よりはノーネクタイの方が失礼に当たりません。

女性は黒のスーツやシンプルなワンピースに黒のストッキングと靴を合わせます。短すぎるスカートや露出の多いデザインは控え、袖はひじが隠れるもの、スカート丈は正座をしてもひざが隠れるくらいの長さのものを選びましょう。

学生の場合、黒色でなくても学生服が正装です。喪服を用意する必要はありませんので、制服を着用しましょう。

 

■葬儀にふさわしくないものには注意

寒い時期のコートなどの防寒具は、毛皮や皮革を使用したものは殺生につながるため葬儀の場にふさわしくありません。

靴や持ち物は、エナメルなどの光沢のあるもの、ラメが入ったものや装飾の付いた華美なものは控えましょう。

腕時計は金色のものは避けましょう。

アクセサリーなどは付けなくてもよいのですが、選ぶなら真珠の一連ネックレスや一粒玉のイヤリング、オニキスや黒曜石などの黒色のシンプルなデザインものにします。二連のネックレスは「不幸が重なる」と感じさせるため、タブーとされています。

 

基本的には露出や装飾の少ないツヤ消しの黒色の服や持ち物であれば失礼ではありません。

ただ、急にそろえるとなると、なかなか自分の趣味に合うものを探すのはむずしいものです。

喪服は一度購入したら十数年くらい着ると考えて、一式そろえておくと安心ですね。

 

#葬儀 #マナー #服装