故人の遺言。ペットと一緒にお墓に入れる?

故人の遺言に「ペットと同じお墓に入りたい」と書かれてあった時、どのようにすればいいのでしょうか。世間一般的にはまだまだ少ないペットと一緒に入れるお墓。その実情や対応方法についてご紹介いたします。

ペットと同じお墓に入ることが難しい理由

いまの日本では、ペットと同じお墓に入るのは難しいというのが現状です。

まず押さえておきたいのは法律上の解釈。人の埋葬や葬儀は「墓地、埋葬等に関する法律」によって定められていますが、ペットとの共葬を禁じる文言はありません。つまり、法律上はペットとの共葬は問題ないのです。しかし、寺院や霊園のルールによって共葬できないケースは少なくありませんし、そもそもペットとの共葬を想定していないというところが大半です。

そこで問題となるのが宗教的な理由です。仏教思想に「六道輪廻」というものがあります。これは、人は亡くなると、地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人間道、天道の6つの世界のいずれかに生まれ変わるというものです。人間以外の動物は「畜生」と呼ばれ、人間よりも卑しく、下等な存在として考えられてきました。悪行の末に行き着くところが畜生道と考えられていたのです。どんなに自分自身がそうした考え方を気にしなくても、お墓は世代を超えてつないでいくものです。その家の先祖や子孫が同じようにペットを受け入れるかどうかなんて分かりませんし、周辺の利用者の宗教的な感情を乱さないためにも、霊園の管理者がペットとの共葬を認めない、という側面もあるのです。

徐々に増えつつあるペットと入れるお墓

しかし、昨今のペットブームから「ペットも家族と同じ」と考える人が増え、それに伴いペットと入れるお墓も徐々にではありますが増えつつあります。

民営霊園の中にはペットと共葬できる区画を設けているところ増えています。インターネットなどで検索してみましょう。特に樹木葬霊園などで多く見られます。世代を超えて受け継いでいく「家墓」ではなく、個人、または夫婦単位のお墓であれば、ペットとの共葬のハードルはぐっと下がるようです。

ただし、やはり一般区画とペット共葬区画とを分けているのが実情で、いますでにあるお墓の中にペットの遺骨を納めるとなると、霊園の定めるルールを確認しましょう。

AZUMA葬祭は、葬儀や供養のプロフェッショナルとしてみなさまのご相談やご質問に24時間・365日対応しております。疑問やお困りごとがございましたら、こちらのお申込みフォームから、お気軽にお問い合わせください。

お申し込みフォームはこちら
お電話:0120-66-5940(24時間・365日)

関連記事

  1. 位牌って何?選び方や種類、戒名について

  2. いつまで続く喪失感 「グリーフケア」の重要性

  3. お布施の金額の相場っていくら?

  4. 終活について。何から始める?

  5. えっ! IT葬儀! 僧侶がPepper君!? お布施は払うの?

  6. 分骨証明書とは何か? 分骨で注意すべき手続きの流れと証明書の様式

カテゴリー

  1. コロナ対策も万全。オンライン葬儀とは?

    2022.01.15

  2. 成人の日に葬儀は出来る?

    2022.01.07

  3. 幼児、小学生が葬儀に出席する時、喪服は必要?

    2021.12.30

  4. 喪主が葬儀当日に体調不良。喪主代理は誰に頼む?

    2021.12.23

  5. 葬儀前に、お坊さんを替える事は出来る?

    2021.12.15

  6. 高齢化社会。身寄りがいない人の葬儀はどうなる?

    2021.12.07

  7. 冬の葬儀。タイツやマフラーはOK?

    2021.11.30

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01