お葬式が終わると、あっという間に四十九日。続けて、準備が必要な法事の費用と目安

お葬式が終わると初七日(しょなのか)、四十九日、一周忌、三回忌と法要が続きます。
どのくらい費用が必要なのか、目安をみていきましょう。

四十九日は忌明けの法要

仏教では本来、死亡した日から四十九日までは、死者が成仏せずにさまよっている状態として、閻魔様の裁判を受ける日とされる七日目ごとの「忌み日」に供養を行います。

最初の忌み日である「初七日」は葬儀と合わせて同日に行われることが多く、以降の忌み日の法要はほとんど省略されます。

しかし、「四十九日」は、忌み日が終わったことを意味する「忌明け(きあけ)」という重要な法要のため、近親者を招き、菩提寺に法要を執り行ってもらうよう手配をします。

本来であれば、法要は四十九日当日にすべきですが、近年は出席者の都合に合わせて、四十九日当日より前の土曜日や日曜日などの休日に行うのが一般的です。

四十九日法要と併せて納骨式を行うこともあります。

費用は前もって準備する

法要では卒塔婆(そとば・故人の供養のため墓に立てる木の塔)供養、入魂供養(にゅうこんくよう・白木の位牌を本位牌に代える儀式)などを行います。

卒塔婆は事前に準備するため、前もって卒塔婆を依頼する人の名前と本数を僧侶に伝えておく必要があります。

卒塔婆は1本3~5千円程度かかります(浄土真宗には卒塔婆供養はありません)。

僧侶へのお布施

僧侶へのお布施は、寺院や地域によって異なりますが、相場は5~10万円ほどです。
加えて交通費(お車代)が実費+5千円~1万円、僧侶が会食に参加しない場合は御膳料を5千円~1万円ほど用意するとよいでしょう。

法要後の会食は3~5千円程度、参列者と僧侶に会食後に渡す引き物は2~5千円程度が相場です。

四十九日の法要以降は、命日ごとに一周忌(亡くなった翌年)、三回忌(2年目)と決まった年に法要を行います。

お布施、お車代、御膳料ともに四十九日法要と同程度の金額が必要です。

法要を行う年は、お寺に確認しておくとよいでしょう。

関連記事

  1. 葬儀で着用する靴下は黒 その意味とマナーについて解説

  2. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

  3. 近頃はホームセンターでも売っている神棚。 どこで購入すればいいの?

  4. お葬式に家紋は必要ですか? 自分の家の家紋はご存じですか?

  5. 急な葬儀、でもネイルが少し派手かも。困ったときの対処法

  6. 通夜振る舞いって何ですか?意味と振舞い方

カテゴリー

  1. 葬儀場での宿泊 費用・持ち物、お付き添い出来る人など

    2019.10.10

  2. 葬儀の日程 逝去からお通夜・お葬式・法事法要の全体スケジュール

    2019.10.01

  3. 喪主の挨拶 葬儀・告別式での例文と内容のコツ

    2019.09.24

  4. 葬儀社にお願いする前に確認しておくべき4つの事

    2019.09.17

  5. 日本とは違う世界のお葬式 イスラム教編

    2019.09.12

  6. 日本とは違う世界のお葬式 キリスト教編

    2019.09.03

  7. 身内が亡くなった時に先ず行う4つの事

    2019.08.25

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 葬式時、お寺へのお布施のことは誰に聞くの?

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01