えっ、いけないの!? ご遺体の移動は、普通の車じゃダメなんです。

近年は病院で最期を迎える方も多くなりました。

遺体を自家用車で自宅や斎場へ搬送することは法的に問題ありませんが、遺体の状態や移動距離によっては棺に納め、葬儀社に依頼する方がよいでしょう。

遺体搬送の際の注意事項を確認しておきましょう。

遺体の搬送は「死亡診断書」が必要

気をつけなくてはいけないのは遺体を搬送する場合には、「死亡診断書」の携行が必要であることです。たとえ病院から斎場や自宅への移動などの短距離であっても、死亡診断書を持っている人が同乗しなくてはなりません。

病院で亡くなった場合、医師から死亡診断書が発行されます。遺体の搬送と死亡届(火葬許可の申請)に必要な書類なので、必ず大切に保管しておきましょう。

搬送先と葬儀社は事前に決めておくのがよい

遺体の搬送先には、自宅と、専用の安置施設と、2つの選択肢があります。

病院で息を引き取ると速やかに遺体を運び出さなければならないため、「どこに運ぶか」「どの葬儀社に依頼するか」は事前に決めておきましょう。

いざ家族が息を引き取ると、精神的に、落ち着かなくなり、冷静な判断ができなくなることもあります。

事前に決めておくことが、あとから大きな安心感につながります。

 

自宅安置の流れ

もしも自宅への搬送が希望であれば、その旨を葬儀社に伝えましょう。葬儀社が病院に到着すると、すみやかに搬送しなければなりません。事前に自宅の中のどの部屋に安置するかを決めておき、すぐに故人様を寝かせられるようきれいにしておきます。

仏間だけではなく、お参りの人がいるのであれば玄関から仏間までの導線はきれいにしておかなければなりません。

ご遺体を布団の上に寝かせると、葬儀社がご遺体にドライアイスの手当をして、枕飾りを設置してくれます。

 

霊安室安置の流れ

昨今では住宅事情により自宅に遺体を搬送することが少なくなりました。また、家族葬を希望しているために近隣住民に知られたくないという人もいます。

最近では斎場や火葬場や葬儀社が霊安室を保有しています。何らかの理由で自宅安置ができない場合は葬儀社に相談しましょう。

ただし、霊安室は複数の家族が共有しています。他の家の故人様も安置されているため、一定のルールが設けられています。線香やローソクなどの火が使えない、面会時間に限りがあるなど、そうした条件は事前に確認しておきましょう。

また、安置した分費用もかかるので、長期間の安置には注意が必要です。

病院出入りの葬儀社には注意する

亡くなってすぐに業者が決められない場合には、病院で葬儀社を紹介してくれることもあります。

その際、もしも後で葬儀会社を選びたいという場合には、きちんと「搬送のみ」をお願いする旨を伝えましょう。

搬送を依頼したからといって、必ずしもその業者に葬儀全般を任せないといけない、という決まりはありません。

病院に出入りしている業者は、名目上は霊安室の管理のためにそこにいますが、実際は、どの葬儀社よりも早く遺族と接点を持てるというメリットがあります。

喪主が他の葬儀社に連絡を取る前に、あれやこれやの手を使って契約にまでこぎつけようとします。

葬儀社選びは、冷静に、慎重に行いましょう。

 

長距離の搬送

長距離を移動する場合にはやはり業者にお願いする方が無難でしょう。

距離や日数、その際に必要なドライアイスの量などに応じて料金が変わります。

高速道路やフェリーを使用する場合にはその分が実費でかかってきますが、特にフェリーなどに乗せる場合には棺に安置する必要があります。

移動の際に用意してもらった棺はそのまま葬儀まで使用できますので、そうしたことを見越して業者にお願いするのがよいでしょう。

 

自分自身で遺体を搬送することのリスク

さて、遺体の搬送は自分たちで行ってはいけないのでしょうか?

さきほども述べましたが、死亡診断書を携行していれば、法律的には問題ありません。

ただし、普段遺体の扱いに不慣れな家族が自分たちの手で搬送するのはそれなりのリスクがあります。

 

  • 遺体の扱いの難しさ

人間の遺体は、想像以上に重く感じられるかもしれません。葬儀社ではストレッチャーや担架などの専用器具を用いて遺体を搬送しますが、そうしたものに頼ることもできません。

 

  • 体液流出の恐れや衛生管理

病院や施設ではエンゼルケアをしてくれますが、それでも体液の流出の危険性があります。葬儀社では専用の布団や納体シートなどの準備がありますが、一般家庭には、綿づめの道具や、手袋、シート、専用布団などありません。故人様を大切に扱うだけでなく、自分たちの身体もまた自分たちで守らなければなりません。

 

  • 車の中にどう乗せるか

葬儀社の車であればストレッチャーごと車に乗せます。ベルトで固定されているため、移動中も体が揺さぶられることは有りません。

一般家庭の自家用車であれば、ミニバンなど、後部が広ければいいのですが、乗用車にもたせかけるように座らせるのは至難の業です。

 

以上のリスクを考えると、故人様のため、自分たちのためにも、経験豊富で手慣れた葬儀社に任せるのが賢明でしょう。

関連記事

  1. 神道でもお盆ってあるの?

  2. 正しい神棚の設置方法とは?方向、配置、お供え物から処分の方法まで

  3. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

  4. お墓の土地って買うんじゃないんだ。 お墓を借りられる「永代使用」について

  5. 畳の上で死にたい人へ。尊厳死・リビングウィルは事前の準備が大切です!

  6. 掛金満期でも安心できない! 「互助会」の仕組みをお見せします。

カテゴリー

  1. 葬儀社にお願いする前に確認しておくべき4つの事

    2019.09.17

  2. 日本とは違う世界のお葬式 イスラム教編

    2019.09.12

  3. 日本とは違う世界のお葬式 キリスト教編

    2019.09.03

  4. 身内が亡くなった時に先ず行う4つの事

    2019.08.25

  5. 三鷹市の葬儀社についてまとめてみました

    2019.08.15

  6. 喪主のマナー 決め方・服装・はずかしくない言葉使いや挨拶・焼香…

    2019.08.07

  7. 葬儀屋ってどんなお仕事なの? 葬儀の仕事についてまとめてみました

    2019.07.30

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 葬式時、お寺へのお布施のことは誰に聞くの?

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01