葬儀の際の受付係 役割と決め方は?

葬儀会場に到着すると、受付で記帳をして香典を差し出します。では、受付係に立つ人をどのように決めるべきか、どんな役割があるかをご存じでしょうか?
この記事では、受付係の役割や決め方について解説します。

受付係がすること

まずは受付係がすべき役割をまとめました。主に次のような事柄です。

記帳の促し

参列者が到着したら、芳名帳や記帳カードに記帳を促します。その際「ご参列ありがとうございます。こちらにご記帳をお願いいたします」とひと言添えましょう。

香典の受け取り

参列者が持参した香典をありがたく受け取ります。
受け取った香典の取り扱いは、そのまま保管する、その場で開封して金額を計算するなど、地域によってさまざまです。香典袋を開封する場合は、別に会計係を設けます。

返礼品の渡し

会葬御礼品を手渡します。葬儀によっては、香典返しの品物や引換券を渡すことがあります。

館内の案内

式場、待機所、トイレなどの場所を案内し、開式まで待ってもらうよう促します。

受付係は誰に依頼する?

本来は喪主や遺族が参列者に対して挨拶をし、香典を受け取るのが理想です。
しかし、葬儀の準備であわただしい喪主や、喪に服す遺族がこれらをするのは大きな負担です。だからこそ受付係を設けるのですが、誰に依頼するのが良いのでしょうか。

少し距離のある親戚

最近では家族葬が多いため、葬儀式場に集まるのは家族や親戚だけというのも珍しい話ではありません。この場合、少し距離の離れた親戚に依頼するのが最もよいでしょう。その中でも、参列者への挨拶や香典の管理を任せられる人にお願いしましょう。

会社の同僚、友人

葬儀の規模が大きくなると、受付係も複数人必要となります。こうした場合では、会社の同僚や友人たちに依頼します。

地域や近隣の方々

古くから続く地域内の助け合いのしきたりから、受付係は近所の人たちが行うケースも少なくありません。地域の慣例がある場合は、それに従うのが良いでしょう。

葬儀社に依頼

どうしても受付係を依頼する相手がいない場合は、葬儀社に相談しましょう。費用は掛かってしまいますが、経験豊富なスタッフがきちんと対応してくれます。
ただし、香典の管理のために、最低ひとりは、喪主が信頼を置ける人を受付係にするべきです。

私たちAZUMA葬祭は、葬儀や仏事のプロフェッショナルです。お葬式全般について、不安に思うことや分からないことなどがございましたら、こちらのお申込みフォームから、お気軽にお問い合わせください。

お申し込みフォームはこちら
お電話:0120-66-5940(24時間・365日)

関連記事

  1. 関東と関西の葬儀の違い 地域によって風習等の違いって何かあるの?

  2. 「通夜振る舞い」とは?また「精進落とし」との違い

  3. お葬式の参列をお断りしようと思う。失礼にならない理由やメールなどのマナーについて

  4. 梅雨の季節での葬儀について

  5. 家族が余命宣告を受けた時にどうするか 落ち着いてやるべき事・考えるべき事

  6. 身内のために行う葬儀「密葬」とは

カテゴリー

  1. 喪主を頼める人がいない。死後事務委任契約とは

    2024.04.10

  2. ナースの方から「ここにこのまま体を置いておけないので運んでくれ…

    2024.04.10

  3. お金がなくて、葬儀代が出せないときはどうすればいいの?

    2024.04.07

  4. 余りにも突然のことでショックや動揺を隠せない中でしたが、昼夜を…

    2024.04.02

  5. 心に残るお葬式:あるラガーマンとのお別れ心に残るお葬式

    2024.04.01

  6. 骨壺はどこで買う?種類は?相場は?

    2024.03.30

  7. 遠方からの斎場探しでとても不安な気持ちでしたが、親切に対応して…

    2024.03.30

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01