納棺に立ち会うことになりました。服装は喪服を着ないといけないの?

葬儀には、通夜や告別式、火葬というようにいくつかの手順があります。

その一つに「納棺」があります。ここでは納棺について解説しましょう。

 

■「納棺」とは
納棺は遺族の手で亡くなった方の身支度を整え、棺に納めるものです。

 

一般的には通夜の前に行われることが多いようですが、地域によって、また遺族が集まれる時間を考慮して行うことが多いため、タイミングは一様ではありません。

 

納棺の後、引き続いて葬儀が行われることもあります。

 

 

■納棺式の服装
では、納棺にはどのような服装で参列すればよいのでしょうか。

 

服装については、喪服で参列しそのまま葬儀へと流れることもありますし、私服で小規模に行う場合もあるようです。

 

これには地域性もありますので、地域を限定してネットで調べておくこともできますが、確実なのは遺族や葬儀社へ確認をすることです。

 

周囲の服装と合わせることも必要でしょう。

失礼のないようにあらかじめ確認をしておくことが大切です。

 

 

■服装に指定がある場合
「喪服」と指定があった場合には、喪服もしくはそれに準ずるようなブラックスーツを着用しましょう。

 

「私服」と言われた場合には特に気を遣うことはありませんが、派手でなく、夏場でも肌の露出の少ない装いがよいでしょう。

 

 

難しいのは「平服で」と言われたときです。

この場合「私服」とは少し意味合いが異なります。

 

グレーや紺など地味な色合いのスーツ、女性もやはり黒や紺のワンピースなど落ち着いた色合いで、きちんとした印象の服装を心がけましょう。

 

 

■納棺の際の注意点
また納棺は遺体を棺に納めると同時に遺体に身支度を施すことでもあります。

 

遺体に直接触れることがあるかもしれませんので、遺体を傷つけないようアクセサリーや腕時計は外しておくことがマナーです。

 

 

亡くなられた方と触れる最後の機会です。

失礼のないよう、また悔いのないように準備しましょう。

 

 

関連記事

  1. 葬儀費用の相場金額は150万円!? 今すぐ、ご用意できますか?

  2. 知らないと損をする補助金について。まだ間に合う! 申請期限について

  3. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

  4. 急な葬儀! 喪服がない。レンタルできますか? 金額はいくらですか?

  5. お葬式にお花を贈るには? だれに頼むの? 値段はいくら?

  6. 市営火葬場と民営火葬場では、火葬料金が違うの?

ASUMA葬祭

カテゴリー

  1. 市営火葬場と民営火葬場では、火葬料金が違うの?

    2018.05.29

  2. ご存じですか? 「密葬」とは?

    2018.05.29

  3. お布施の金額の相場っていくら?

    2018.05.29

  4. 患者になったとき、移動や搬送はどうしたらいいの?

    2018.05.29

  5. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  6. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  7. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930