顧客満足度97%の葬祭事業 マニュアルではない真心対応

 

葬儀社に生まれ、27歳という若さで両親を亡くした、株式会社AZUMAの荒井昭博代表。最終的にたどり着いたのは「葬祭業は究極のサービス業」ということ。若くして葬儀社を牽引することになった荒井代表が語る、葬祭業にかける想いとは。

関連記事

  1. (第1回) ~わたしが葬儀の仕事をする理由

ASUMA葬祭

カテゴリー

  1. 顧客満足度97%の葬祭事業 マニュアルではない真心対応

    2018.11.14

  2. 急な葬儀、でもネイルが少し派手かも。困ったときの対処法

    2018.11.10

  3. 葬儀社によるさまざまな地域貢献活動

    2018.11.02

  4. (第1回) ~わたしが葬儀の仕事をする理由

    2018.11.01

  5. 葬儀で着用する靴下は黒 その意味とマナーについて解説

    2018.10.30

  6. 入院中のお見舞い 葬儀後のお返しはどうしたらいい?

    2018.10.20

  7. 事件性の有無を警察が確認する時も、まずは葬儀社に一報を!

    2018.10.14

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 葬式時、お寺へのお布施のことは誰に聞くの?

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31