顧客満足度97%の葬祭事業 マニュアルではない真心対応

 

葬儀社に生まれ、27歳という若さで両親を亡くした、株式会社AZUMAの荒井昭博代表。最終的にたどり着いたのは「葬祭業は究極のサービス業」ということ。若くして葬儀社を牽引することになった荒井代表が語る、葬祭業にかける想いとは。

関連記事

  1. (第1回) ~わたしが葬儀の仕事をする理由

  2. 「三鷹版-働き方改革応援プロジェクト」モデル企業事例で紹介されました

カテゴリー

  1. 外国籍の家族が亡くなったらどうする?お葬式は?

    2021.07.22

  2. 新型コロナ禍で葬儀の参列を辞退するときのマナーや断り方

    2021.07.15

  3. 密葬の参列者の範囲 誰を呼ぶかの目安と決定のポイント

    2021.07.07

  4. 葬儀の喪主で会社を休むときの一般常識 休める日数やマナーなど

    2021.06.30

  5. よく耳にする「ご愁傷様」の正しい使い方と意味について

    2021.06.23

  6. 死亡届の書き方と提出期限について

    2021.06.15

  7. 長男の弔辞 父、母の葬儀で読む例文や注意すること

    2021.06.07

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01