葬儀をお手伝いしてくださった方への「お礼の金額」について

お通夜やお葬式の席では、遺族側だけでは手が回らないことがあります。

そういった場合には、参列者の受付や香典管理、会場案内などをご近所の方や会社の同僚などに、お手伝いをお願いすることになります。

 

そういった場合のお礼は、どのようにすればよいのでしょうか?

 

■ 遅くともお礼は初七日までに

お手伝いをしてくれた方へは、葬儀後一両日中にお礼をするのがしきたりです。

事情があって遅れる場合でも初七日までには済ませましょう。

 

 

■ 金額は葬儀社に相談を

お礼の慣習は地域によって異なります。

現金をお渡しする場合もあれば、助け合いの気持ちで金品のやりとりはしない、という地域もあります。

葬儀社や地域の身近な方に慣習や相場を相談するのがよいでしょう。

 

一般的には「心付け」としてお渡しするのは3~5千円くらい、世話役として葬儀の取りまとめをしてくださった方には5千円~1万円くらいが相場のようです。

 

不祝儀袋か白い封筒にお金を入れ、「志」「御礼」と表書きをして渡します。

 

 

■ 返礼品は地域の風習も考慮して

現金以外のものをお礼とする場合もあります。

その場で食事をふるまったり、お供えものの果物の盛り籠を分けたり、金額相当の返礼品を渡すこともあり、地域や風習によってさまざまです。

 

返礼品は菓子折りやタオルなどの実用的なものを用意することが多いですが、品物を選ぶのに悩んだときは、受け取った側で好みの商品を選べるカタログギフトという選択肢もあります。

 

後日お礼に伺う場合は、先方の都合を事前に確認して負担にならないように訪問しましょう。

 

 

何よりも、御礼をするときは感謝の気持ちを言葉で相手に伝えることが大切です。

 

関連記事

  1. 家族葬ではダメ? 親戚やご近所から家族葬はダメと言われた。

  2. 跡継ぎがいなくなったお墓は、どうすればいい?

  3. 急な葬儀! 喪服がない。レンタルできますか? 金額はいくらですか?

  4. 葬儀の写真撮影って失礼になるの?

  5. お葬式で写真撮影をしても大丈夫? 撮影マナーを考える

  6. 終活ブームについて。エンディングノートと遺言書の大きな違い

ASUMA葬祭

カテゴリー

  1. 市営火葬場と民営火葬場では、火葬料金が違うの?

    2018.05.29

  2. ご存じですか? 「密葬」とは?

    2018.05.29

  3. お布施の金額の相場っていくら?

    2018.05.29

  4. 患者になったとき、移動や搬送はどうしたらいいの?

    2018.05.29

  5. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  6. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  7. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

2018年7月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031