Home葬儀事例

実際に行われた葬儀の例をご紹介いたします。

 

お客様の要望

自宅に連れて帰り自宅の庭に咲いているお花を見せてお別れをしたい。

要望に対して行った事

故人様が大好きなキキョウが庭に無かった為、急遽花屋さんに無理を言って用意して頂き、サプライズとしてお渡ししたところ大変喜ばれました。

お客様の要望

あまり費用をかけずに、お花を囲って送ってあげたい。

要望に対して行った事

ご要望通り、費用を抑えたシンプル葬プランにて花飾りを施しました。

お客様の要望

無宗教形式で故人とゆっくりとお別れがしたい。

故人が犬を大好きだったので飼っていた犬を連れて来たい。

参列する一般の方達も犬仲間なので、その方達の犬も連れて来たい。

要望に対して行った事

ペットを連れて来たいとのことだったので、自社の斎場で施行しました。(一般の貸式場ではお 断りされる事が多い)

式場後方に、テーブルとイスを用意、お茶を飲みながらお話が出来るスペースを作りました。

棺を中央に安置して、棺の周りにイスを置き故人を囲んで式を進行しました。

祭壇にカーネーションで犬の形を作った物を飾りました。

お客様の要望

親戚が近所に多く住んでいるので、出入りが多く家族だけでお別れする時間が持てないので、ゆっくりお別れがしたい。

故人は食べることが大好きだったので。皆様にも何か食べ物をお渡ししたい。

要望に対して行った事

出棺前のお花入れの前に、家族だけを先に式場内に案内をさせていただき僅かですがお別れの時間を作りました。返礼品にクッキーをお渡ししたらどうでしょうか?とご提案させていただきました。

お客様の要望

自宅のスペースの問題で安置が難しいのですが、故人をいったん自宅に寝かせてあげたい。

春の時期なので、故人が好きだった桜並木の桜を見せてあげたい。

要望に対して行った事

故人様は、当社の式場でお通夜の日までお預かりをさせていただきました。お通夜当日に安置場所から式場へ向かう際に、ご遺族の方と一緒にご自宅前と桜並木を通りました。

お客様の要望

半年ほど前に亡くなった父親の葬儀と同様に、母親の葬儀も前回のようにとり行いたい。

要望に対して行った事

お父様の時と同じ色合いの生花祭壇など、前回のお父様の葬儀の資料を元にご準備させていただきました。もしよろしければと前回のお父様の遺影写真をご用意させていただき、お焼香台に二人並んでいる様にお写真を置かせて頂きました。大変感謝して頂き「父も母も天国で喜んでいると思います」と涙ながらに握手して頂きました。

お客様の要望

喪主様(故人のご長男)が故人(母親)を通夜が終わった後、自宅へ連れて帰りたい。

葬儀に参列出来ない寝たきりの父親が自宅に居るので、最後にもう一度だけ一緒に居させてあげたい。

要望に対して行った事

通夜が終わってから、ご自宅へ故人様を連れて帰りました。翌日の朝、告別式前にご自宅へ故人様をお迎えに行くと、寝たきりのお父様がうっすらと涙を流しながら、何かを必死で訴えていました。喪主様から「親父が有難うって言っているよ」といわれ感謝していただきました。

お客様の要望

生前から主人の希望で「俺が死んだら、お坊さんを呼ばなくて良いから無宗教で葬儀を行なってくれ」と言われていました。しかし実際に主人が亡くなってみると、どんな事をして良いのかまったく分からないので葬儀屋さんのほうでスケジュールをたてて施行して欲しい。

要望に対して行った事

無宗教と言うことなので、お焼香の代わりにお花で献花をして、式場には、読経の代わりに故人の好きだった音楽を流しました。成人しているお孫さん達が、数名いたので亡くなったお爺ちゃんの思い出、生前中に言えなかった感謝の気持ちを述べてもらいました。