Home 店舗紹介スタッフ紹介

代表挨拶

荒井 昭博

ご葬儀は、故人から遺された方たちへの最後のあいさつの場であり、そして贈り物です。そこに集う人々がこころゆくまでお別れができ、準備やお式を通じて遺族の方々が癒される私たちのめざすのはそんなご葬儀です。(お客様の満足度97%、友人・知人にご紹介したい98%)一人一人の故人様、一つ一つのご遺族のご事情によっていいご葬儀のかたちは異なります。
悲しみの中でのご葬儀の準備はほんとうに大変なことです。2万件、45年以上の私たちの技術と経験をどうぞ頼りにしてください。
スタッフ一同、こころをこめてお話を伺い、それぞれの故人様とご遺族のためのご満足のゆくご葬儀をサポートさせていただきます。

スタッフ紹介

後藤 伊織(ごとう いおり)

 「一生続けられる仕事を」と1996年に入社。元トラック運転手。柔和な笑顔と軟らかな物腰が持ち味。お客様にサービスを提供する上で心がけているのは「笑み」。「故人の死は遺族にとって悲しいことです。でも悲しんでばかりではいられないから、受け止めて笑みを返すようにしています」。東葬祭のテーマ「癒し」を体現してくれているスタッフである。社内では、IT系から現場までオールマイティな実務能力で周囲から頼られると同時に、茶目っけたっぷりの社内電話の受け答えで周りを笑わせるムードメーカ-でもある。苦手なものはホラー映画やお化け屋敷。「本物のご遺体は『故人様』なので、大丈夫なんですが、作りものはなんだかダメなんですよ・・」とのこと。

増子 大輔(ますこ だいすけ)

 学校卒業後、空港の運送・通関業務のキャリアを積み上げてきたが、「もっと自分を成長させる仕事を」と転職を決意。サービス業を調べる中で、幅広い年齢層の人にお会いし、サービスを提供する「究極のサ―ビス業」である葬祭業に惹かれる。2008年入社。「お客様との接し方など、本当に深い。日々、勉強の連続です。」とのこと。お客様への思い入れが強く、生来のやさしさもあって、「いまだにお客様のお気持ちをお察しすると、ご葬儀で思わず泣いてしまいそうになる自分もいて・・・。葬祭スタッフとしてまだまだだなと思います」。

川合 勇気(かわい ゆうき)

 2015年4月1日入社。学童保育児童指導員のアルバイト等をへて入社。マニュアル的な対応ではなく、常に一期一会の精神を大切にする社風に感銘を受けて入社しました。実際に葬儀を担当させていただくときは、「ご遺族に対して自分は何ができるのか?」を考えながら執り行っています。自分にできることは、「故人様の思いが形となってご遺族様に伝わること」「ご遺族様が故人様への想いを遂げられること」ではないかと思っています。ご遺族から「本当に良い葬式でした」と感謝されるときは、この仕事に携わって本当に良かったと実感します。