患者になったとき、移動や搬送はどうしたらいいの?

自分や家族が病気や怪我で体が不自由になったり、寝たきりになったりした場合、さまざまな不便や不自由に直面することでしょう。

看護や介護、そして日常生活にまつわる問題に関しては官民問わずいろいろなサービスがあり、徐々に周知もされています。しかし生活の中にはそれらだけではフォローできない面も出てきます。

今回はその中の一つ、病気や怪我のある方の「外出」について考えてみましょう。

■ 外出するための手段「民間救急車」 
あなたの周りには体の不自由さからつい引きこもりがちになったり、外出や旅行を敬遠したりしている人はいませんか? 
実際、寝たきりであったり酸素吸入などの医療機器が必要な状態であったりすると、「外に出る」というのはとてもハードルの高いことでしょう。

しかし今はそんな方やそのご家族の方にもうれしい「民間救急車」というサービスがあるのです。

■ 「救急車」と「民間救急車」の違い
消防の「救急車」とは事故や病気で重篤となった患者を医療機関に搬送する車です。それに対し「民間救急車」とは、公共交通機関や自家用車では移動が困難な方の輸送を目的とした車です。

これはサイレンを鳴らしての緊急走行ができないなど、緊急性は普通の救急車よりも下がります。また民間ということで利用には料金が発生しますが、酸素吸入器や心電図などの医療機器を搭載でき、場合によっては看護師が同乗することができます。

揺れや振動を軽減する「救急車並みの」装備もあり、病気や怪我を負った方でも安心して移動ができる車なのです。

 

■ 事前に予約することができる
民間救急車は、通院や入退院など医療機関との行き来に利用できます。

例えば旅先で急病により入院をして、落ち着いたところで地元に搬送というとき、状態が落ち着いていれば消防の救急車ではなく、民間救急車を予約することができるのです。

家からの移動でも、医療機器が必要な場合や住居がマンションの2階以上であったりすると、家族だけで移動させるのが困難なことがあります。

事前に連絡をしておけば状況に合わせて看護師や救命救急士、介護士などが同乗してフォローを受けられる場合もあるので安心です。

 

■ 帰省や旅行などにも利用できる 
また民間救急車の最大の特徴は、医療機関以外のところへの移動にも利用できるという点です。消防の救急車は当然、救命、救急が使命であり、緊急性の低い利用は避けられるべきものです。

しかし民間救急車であれば帰省や旅行など全くの私用であっても利用できるのです。またその範囲は国内だけにとどまらず、飛行機やフェリーなどとも連携して海外への移動に利用することも可能なのです。

 

■ あきらめないで民間救急車を上手に活用する

近年は病気などとうまく付き合いながら、長く生きられる時代となりました。体のどこかに不自由な部分を抱える方であっても、外出や旅行をあきらめなくてよい時代になりつつあります。

ご家族としても患者さんの体の負担が少なく移動できる手段があれば、行動の幅が広がるのではないでしょうか。

お出かけのご予定やご希望があって悩んでいる場合には、ぜひこのような民間救急車のサービスも検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 介護タクシーと民間救急車ってどう違うの?

  2. 障がい者だって旅行に行きたい!海外編

  3. 安心して家まで訪問して看護ができる。たまには、家族も息抜きが必要です

ASUMA葬祭

カテゴリー

  1. 市営火葬場と民営火葬場では、火葬料金が違うの?

    2018.05.29

  2. ご存じですか? 「密葬」とは?

    2018.05.29

  3. お布施の金額の相場っていくら?

    2018.05.29

  4. 患者になったとき、移動や搬送はどうしたらいいの?

    2018.05.29

  5. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  6. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  7. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930