見せ方の上手い葬儀の広告 「全額返金保証」とは!

最近の葬儀広告の中に見られる「全額返金保証」。

この言葉には少なからず興味を持つ方もおられるでしょう。
葬儀において全額返金されるとは、どういった場合に起きるのでしょうか。

 

■ さまざまな葬儀のあり方
最近の葬儀広告では、費用を明確に提示する傾向にあるようです。
その背景には、かつてはあまり要望を出すのはタブーとされていた葬儀のあり方が変化してきたことも理由の一つでしょう。

近年は、葬儀の形式もさまざまになってきました。
通夜や告別式を行う「一般葬」のほか、家族のみで行う「家族葬」、通夜を行わず告別式のみというケース、火葬のみを行う「直葬(ちょくそう)」なども増えてきています。

故人や家族の希望や、葬儀に多額の金額をかけられないといった事情により、形式も多様になってきているのです。

 

 

■ 葬儀費用に不安を感じたら相談を
葬儀業者を決める場合、病院などから紹介されることもありますが、昨今はインターネットなどで調べることも多いでしょう。

 

葬儀業者にはまず、どのような葬儀を行いたいか希望を話して相談し、葬儀費用の見積もりを出してもらうことになります。

葬儀内容や金額を確認し、納得してから契約することが大切です。

 

 

■ 葬儀広告
広告の言葉にひかれて即決する前に、注意すべきこともありそうです。

たとえば、全額返金保証制度を設け、「見積もり金額より請求金額に1円でも追加費用が発生した場合は全額返金します」とうたっている業者もあります。

 

これは過去に思わぬ追加料金を支払うトラブル事例があったことから、葬儀費用に対する不安を軽減するため、全額返金保証制度を設けたというものです。

 

ただし、エリアが限定されている場合や、弔問客の人数によって変動する返礼品などの金額は除くといった、細かい取り決めもあるようです。

よく相談して条件を確認するようにしましょう。

 

かつては葬儀社に任せることの多かった葬儀も時代とともに変わってきました。
どのような最期を迎えたいのか自分の気持ちを考えて、納得のいくお葬式を心がけたいものです。

関連記事

  1. 海への散骨をお考えの方への注意点。散骨って実はグレーゾーンなのを知っていますか?

  2. 身内じゃなくっても喪主ってできるの!? 葬儀の喪主の決め方と役割

  3. 近頃はホームセンターでも売っている神棚。 どこで購入すればいいの?

  4. 掛金満期でも安心できない! 「互助会」の仕組みをお見せします。

  5. えっ、いけないの!? ご遺体の移動は、普通の車じゃダメなんです。

  6. こんな時ってどうするの? 身内が海外で亡くなった時の 手続きと手順

ASUMA葬祭

カテゴリー

  1. 市営火葬場と民営火葬場では、火葬料金が違うの?

    2018.05.29

  2. ご存じですか? 「密葬」とは?

    2018.05.29

  3. お布施の金額の相場っていくら?

    2018.05.29

  4. 患者になったとき、移動や搬送はどうしたらいいの?

    2018.05.29

  5. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  6. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  7. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

2018年7月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031